ANTOR-JAPANの北米最新記事とアーカイブです。


by northamerica

<   2009年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

f0183153_1883291.gif

f0183153_1333086.gif
ニューヨーク市観光局


メイシーズ 感謝祭パレード
「Macy’s_Thanksgiving_Day」
(c)Erik Kragh@007

 ニューヨークシティの名物の一つとなっている「メイシーズ 感謝祭パレード」が、今年はルートを変更して行われます。

 2009年のパレードは、セントラルパークの77丁目からスタートし、セントラルパーク・ウエストを南下、セントラルパーク・サウスを東へ曲がり、7番街を通りタイムズ・スクエアを通過し、42丁目と進みます。その後、42丁目を東へ曲がり、6番街を南下しメイシーズ本店前へと進みます。 この新しいルートでは道幅が広くなるためパレードの行列もゆっくりと進むことができます。 また、見物に最適な最前列のスペースも広くなります。 
 是非、スケールアップしたパレードをお楽しみください。

<スケジュール>
日時:2009年11月26日(木)
*なお、前日の11月25日(水)に、メイシーズ本店まえでは翌日のパレードの準備が行われ
数々のフロートが一同に飾られています。

ニューヨーク情報はこちらから(日本語)。
f0183153_2210251.jpg

[PR]
by northamerica | 2009-10-07 08:23 |  ニューヨーク
f0183153_1635485.gif

f0183153_20471153.gif
USトラベルアソシエイション




ハロウィーン・イベント情報

10月になると、ハロウィーンのデコレーションがアメリカの街を彩ります。
もともとキリスト教の聖人を祝う万聖節の前夜祭として始まったハロウィーンですが、今では子供たちが魔女やドラキュラ、お姫様やアニメのヒーローなどに仮装して“Trick or Treat” (お菓子をくれなければいたずらするよ!)と言いながら近所をまわったり、かぼちゃの提灯やパンプキンパイを作ったりと楽しいお祭りです。



マサチューセッツ州セーラム(Salem)は魔女の町として知られ、ハロウィーン・パレードや仮装コンテスト、パイ食い競争、ハロウィーン・クルーズ、ダンスパーティー、80・90年代のポピュラーソングをカバーするバンドのライブコンサートなど、いろいろなイベントが行われます。イベントのフィナーレは花火で締めくくります。週末や10月31日はボストンからのシャトルや電車、フェリーの臨時便があり、10月は1年で最も町が賑わいます。

詳しい情報はこちらから
f0183153_22143766.jpg



また、ニューハンプシャー州キーン(Keene)では10月16・17日に、今年で19回目になるキーン・パンプキン・フェスティバルが行われます。各地から約2万個以上集まった個性豊かなかぼちゃの提灯は会場のあちらこちらに飾られ、さらにはクレーンで高さ約12メートルの特設の棚にも飾られます。飾られたかぼちゃたちは夕方からロウソクに火が灯されフェスティバルを盛り上げます。仮装パレードやパイ食い競争、ライブコンサートやフェイス・ペインティング、花火などのイベントを行っています。

詳しい情報はこちらから
f0183153_22135597.jpg



シカゴでは、10月はシカゴウィーン(chicagoween)と称してハロウィーンのイベントが目白押しです。会場はデイリー・プラザ、カルチュラル・センター、リンカーンパークなどの公園で開かれゲーム、クラフトアート、お面作り、ストリートパフォーマンスによるマジックショーやファイアーダンス、仮装コンテスト、フェイス・ペインティング、かぼちゃの提灯作りなど行われます。10月31日には子供から大人、ペットまで参加できる第13回ノースハルステッド・ハロウィ−ンパレードが行われます。
詳しい情報はこちらから
f0183153_2214161.jpg



どんなコスチュームでハロウィーンを楽しみましょうか?アメリカのどこの街でもハロウィーンのイベントが盛りだくさんです。
www.discoveramerica.comにアクセスし、行きたい街のイベントやキーワードで「Halloween」イベントを検索することも可能です。ぜひ体験してみてはいかがでしょうか。
[PR]
by northamerica | 2009-10-06 22:21 | アメリカ合衆国

ハワイ・アーカイブス

f0183153_17563878.gif

f0183153_1757034.gif
ハワイ州観光局


Enjoy Halloween in Hawai‘i!

10月31日のハロウィンには毎年、ハワイの町中にも個性的な仮装に身を包んだ人々がたくさん!現地スーパー等で手軽に仮装グッズを購入できますので、日本からお越しの皆様も、大いにハワイのハロウィンを楽しんではいかがでしょうか?そんなハワイでのハロウィン限定イベントを2つご紹介します。

ポリネシア・カルチャー・センターのハロウィン・スペシャルイベント!

ポリネシア・カルチャー・センターでは、10月2日より10月31日まで、ハロウィン・スペシャルイベント「ホーンテッド・ラグーン・カヌーライド(Haunted Lagoon)」を開催します。このイベントは、エルビス・プレスリーが映画の撮影をしたヤシの木の辺りで目撃されるといわれている幽霊「ライエ・レディ」の真偽を、薄暗い闇の中、センター内のラグーンをカヌーに乗って探るというもの。カヌーは、怖いものが苦手な方や小さいお子様も家族で一緒に楽しめる「ケイキ (子供)用」と、怖いもの大好きな方向けの「一般用」があります。

<ホーンテッド・ラグーン・カヌーライド(Haunted Lagoon)>
開催日時: 10月2日〜10月31日の月・水・金・土曜日
ホーンテッド・ラグーン所用時間: 約30分
ホーンテッド・ラグーン・パッケージ料金(税別): 大人$72、子供$58
(ワイキキ地区のホテルからの往復送迎、スタンダードビュッフェディナーを含みます)
※こちらのパッケージにはイブニングショーは含まれません。

問い合わせ
ポリネシア・カルチャー・センター
電話:(808)924-1861(日本語可)
住所: 55-370 Kamehameha Hwy. Laie, Hawaii 96762
開園時間:12:00〜21:00
休園日: 日曜日、感謝祭、クリスマス
URL: http://www.hauntedlagoon.com/japanese.html
ポリネシア・カルチャー・センター日本地区販売総代理店
(株)パシフィックリゾート
フリーダイヤル:0120-080165
営業時間:月曜日〜金曜日 9:00〜18:00
詳細はこちらhttp://www.pacificresorts.com/hawaii/polynesia/
f0183153_2271087.jpg



アトランティス・ナバテック・クルーズの
ハロウィン・ディナー・クルーズ!


波の影響を抑える設計が施されている「ナバテックI号」でハワイの洋上を周遊航海するアトランティス・ナバテック・クルーズでは、 10月31日、本場アメリカのハロウィンの夜を楽しめる「ハロウィン・ディナー・クルーズ」を開催します。 愛嬌あるお化けなどの飾り付けでにぎやかに彩られた船上では、 仮面や衣装をきた乗客を、仮装したクルーたちがお菓子を用意して迎えます。

<ハロウィン・ディナー・クルーズ>
開催日時:10月31日 ピア出航17:30 ピア帰着:19:30
料金:ロイヤルサンセット・ディナークルーズ
大人$121.00、子供(2−12才)$69.00
サンセットビュッフェ・ディナークルーズ
大人$89.00、子供(2−12才)$53.00
(港湾使用料と州税は別途必要)
お問い合わせ
各旅行代理店または
アトランティス・アドベンチャーズ
電話: (808)973-1311(日本語)

詳細はこちら

その他のハワイ最新情報は、ハワイ観光局「ハワイ・ホットニュース」へ!!
[PR]
by northamerica | 2009-10-06 22:08 |  ハワイ

グアム・アーカイブス

f0183153_2085261.gif

f0183153_209362.gif
グアム政府観光局


グアム政府観光局ホームページがリニューアル

グアム政府観光局ホームページが、2009年10月1日(午前0時)よりリニューアルしました。レイアウトが一新され、各コンテンツが見やすくなる他、「Weekly Guam」、「メールマガジン」、そしてグアムの歴史や文化を知ることができる「グアム見聞録」など、新コンテンツ満載で、もっと楽しくグアムを知ることができます。また、もっと手軽にグアム情報をゲットできる携帯サイトも立ち上がります。

「Weekly Guam」では、グアム在住者が現地の生活を通してグアム情報を配信します。毎週更新のまさに取れたてグアム情報をゲットできます。ニューオープンのホテルやショップ、グアムのお土産情報もあり、グアム旅行のためのお役立ち情報が満載です。

「メールマガジン」は、グアムのお得な情報を毎月更新してレポートします。メルマガ登録者はバックナンバーの購読が可能となります。

「グアム見聞録」では、グアムの起源から現在までの歴史を学ぶことができます。また、グアムの原住民であるチャモロ人の文化も学ぶことができ、チャモロ語講座やチャモロ料理レシピ、チャモロ伝説などユニークなトピックが豊富です。

携帯サイトでは、グアム基本情報をはじめ、カテゴリー別の観光スポット検索やレンタカー・ホテル検索などが可能です。DoCoMo、au、softbankの3キャリアに対応可能で、いつでもどこでもお手軽にグアム情報をゲットすることができます。

グアム政府観光局では、少しでもグアムの魅力を知っていただき、多くの皆様にグアムを訪れていただけるよう、努力して参ります。



10月よりデデド朝市シャトルバス運行スタート!

土曜と日曜のみ開催されるデデドの朝市。夜明け前から多くのローカルが集まり、地元で穫れた新鮮な野菜や果物、手作りのスイーツや軽食、Tシャツや生活雑貨などの買物を楽しみ、ツーリストのお土産探しにも人気。ローカルの暮らしを肌で感じられる数少ないスポットでもあります。

10月から、ラムラムツアーズがタモン地区から朝市までの定期便を開始。1便はオンワードホテルを6時に出発。マリンロード東側沿いの各ホテルに停車しデデドに向かいます。2便はその15分後。朝市出発は8時発、8時15分発の2便です。

詳しくはラムラムツアーズまで。
Information:649-5314
f0183153_2213846.jpg

[PR]
by northamerica | 2009-10-06 22:02 |  グアム
f0183153_12543951.gif

f0183153_15123923.gif
アルバータ州観光公社


この冬、カナダ最長の高速スキーリフト登場!
4人乗りチェア・リフト「カナディアン・ロッキーズ・エクスプレス」


カナディアン・ロッキーのスキー場、マーモット・ベイスンで、最新の高速スキーリフトの設置工事が進められており、11月までには全ての作業が終了する予定です。新型のスキーリフト「カナディアン・ロッキー・エクスプレス」は、完成するとカナダ最長の高速4人乗りチェア・リフトとなります。新設されるリフトはスロープの長さが驚きの約2.3km!山の裾野に位置する基地から標高差596mの頂上基地まで約7.5分で到着します。リフトは1時間当たり2,400人を運ぶ運搬能力を誇り、800馬力のエンジン搭載、秒速5.08mを移動する驚異のスピードは、世界中のスキーヤーたちを魅了することでしょう。
マーモット・ベイスン・スキー・リゾートは、“ビッグ・フレンドリー”の愛称で親しまれる、ジャスパー国立公園内のスキー場。「ロッキーの宝」と称えられるゲレンデは、思いっきりスキーを楽しむのに最適の環境です。ジャスパー市内からわずか20分と立地条件に恵まれているうえ、86ものスキートレイルが、世界中のスキーファンを魅了します。マーモット・ベイスンで思う存分”冬”を楽しみませんか?
詳しくは公式サイト(英語)をご覧下さい。
f0183153_21504165.jpg



「ダーウィン展」開催中
『種の起源』発表から150年目の記念イベント


ドラムヘラーのロイヤル・ティレル古生物学博物館で2010年3月まで、19世紀に「進化論」を唱えたチャールズ・ダーウィンの関連イベントが開催されています。チャールズ・ダーウィンは1809年生まれの、イギリスの自然科学者。『I think…(チャールズ・ダーウィン、1837)』と題した催しは、『種の起源』の発表150周年とダーウィンの生誕200年を記念して開かれているイベントです。今回のイベントでは、カナダ初公開を含む40点の化石が展示されており、これらの化石から、ダーウィンの唱えた自然選択説が、進化生物学の基盤となった事実を辿ることができます。
展示の目玉となっているのは、「Super Croc」の呼び名で知られる1.7mの古代ワニの頭蓋骨化石や、始祖鳥の化石。「Super Croc」には140本の歯が確認でき、その頭部の大きさには目を見張ります。「Super Croc」が地上に生息していた頃の、全身の姿とその迫力を想像するだけでも、一見の価値がありそう!始祖鳥の化石も、現代の鳥類と祖先の恐竜を結ぶ進化の過程で、生物の系統の欠けた部分に想定される未発見の生物として、化石ファンならずとも注目の展示となっています。
詳細は、ロイヤル・ティレル古生物学博物館の公式サイト(英語)へ。
f0183153_21505222.jpg

[PR]
by northamerica | 2009-10-06 21:52 |  アルバータ州
f0183153_12103789.gif

f0183153_12111280.gif
ブリティッシュ・コロンビア州観光局


カナダ・ブリティッシュ・コロンビア州観光局
2010年冬季オリンピック&パラリンピック聖火リレーがスタート!


オリンピックまで残り4か月となった今月30日、ついに聖火リレーが始まります!ギリシャのオリンポス山で採火される聖火は、空路でBC州の州都ビクトリアに運ばれ、106日間にわたるリレーがスタートします。自転車やカヌーなど、カナダらしい移動手段含め100種類以上の手段でつながれ、一国で行われるリレーとしては史上最長となる感動の聖火リレーの幕開けです。

詳細リンクはこちら



世界で一番住みやすい街はカナダ
一番「歩きやすい」街はバンクーバー!


以前のニュースで、バンクーバーが7年連続「世界でいちばん住みやすい街」に選ばれたとお伝えしましたが、今度はバンクーバーがカナダで最も“Walkable”な街に選ばれました!

“Walkable”とは、安心して街を快適に歩きまわることができるということ。その言葉どおり、バンクーバーにはちょっとしたお散歩から本格的なハイキングまで、「歩く」ことを楽しめる場所がたくさん!皆さんもローカルに混じって「歩く」ことからバンクーバーの街並みを眺めてみませんか?

詳細リンクはこちら
[PR]
by northamerica | 2009-10-06 20:03 |  ブリティッシュ・コロンビア州
f0183153_12103789.gif

f0183153_12111280.gif
ブリティッシュ・コロンビア州観光局


バンクーバーに「カナダライン」開通、空港〜ダウンタウン間が25分!

バンクーバーで開催される冬季オリンピックまであと半年となりましたが、これに先立ち、バンクーバーに「カナダライン」が開通しました。

これにより、空港−ダウンタウン間が直通で25分で結ばれ、新しくできる16の駅によって気軽にアクセスできる範囲が広がります。

当初の予定より4か月も繰り上げて開通したスカイトレインの新路線である「カナダライン」。開通初日の8月17日には、この日だけ乗車賃無料サービスということで、各駅に最大数千人の行列まででき、市民の歓迎を受けました。

毎日約10万人の利用が見込まれているカナダラインの乗客動員数は、高速道路10レーン分に匹敵すると予想され、片道で20万台の車を道路から消すことに貢献すると見積もられています。

この開通は、バンクーバー市民だけでなく、旅行者にとっても非常にうれしいニュース!

今まで、エアポートシャトルかタクシー、あるいは路線バスを乗り継ぐしかなかった空港−ダウンタウン間が、直通でつながることになるほか、今まで車がないとちょっと行きづらかったリッチモンドのエリアにもアクセスが容易になります。

【スカイトレイン運行情報】
◆空港—ダウンタウン(ウォーターフロント)
 所要時間:26分
 運賃:3ドル75セント(※2010年以降は6ドル25セント)

◆ダウンタウン(ウォーターフロント)—リッチモンド(ブリッグハウス)
 所要時間:25分
 運賃:3ドル75セント

※市バスやシーバス、スカイトレインは、90分以内であれば相互乗り換えが可能。

カナダラインを含むスカイトレインのスケジュールはこちら(英語サイト)でご確認いただけます。
f0183153_1737132.jpg

[PR]
by northamerica | 2009-10-06 17:37 |  ブリティッシュ・コロンビア州
f0183153_1642647.gif

f0183153_16432477.gif
ロサンゼルス観光局 ロサンゼルス国際空港


LA観光局が「That's So LA “dine LA”キャンペーン」をスタート!


ロサンゼルス観光局・ロサンゼルス国際空港では、7月から新キャンペーン「That's So LAキャンペーン」を実施中ですが、並行して9月15日より「dine LA」キャンペーンを開始しました。

ロサンゼルスは140カ国以上のさまざまな民族が住む都市として、カリフォルニア・キュイジーヌを初め、世界各国の料理を味わうことができるグルメの街としても有名。いくつかのLA発のレストランが日本にも出店して人気を呼んでいます。

そこで、ロサンゼルス観光局ではグルメの街LAをより多くの日本人に知っていただくために、「dine LA」キャンペーンとしてオープン懸賞を実施します。

「dine LA」オープン懸賞の詳細は以下の通りです。
▼応募期間:2009年9月15日(火)〜11月15日(日)
▼応募方法:観光局のオフィシャル・サイトより、インターネットによる応募
▼賞品:Lawry's Prime Rib ディナー券(5組10名様)
    カリフォルニア・ワイン(3名様)
    See's Candies(3名様)
▼主催:ロサンゼルス観光局・ロサンゼルス国際空港URL
▼協力:Lawry's Prime Rib Tokyo/Osaka
f0183153_17335049.jpg

[PR]
by northamerica | 2009-10-06 17:30 |  ロサンゼルス

ハワイ・アーカイブス

f0183153_17563878.gif

f0183153_1757034.gif
ハワイ州観光局


モクレレ航空、日本発行のクレジットカードでオンライン決済可能に

ハワイの諸島間を結ぶモクレレ航空では、インターネット上で航空券の予約を行なった場合の支払いを、日本発行のクレジットカード(JCB、VISA、MASTER)で決済できるようになりました。

これに伴い、ハワイのネイバーアイランドへより気軽に、そしてお得に、ご利用頂けるようになります。

予約方法は英語のみとなりますが、手続きは簡単でわかりやすくできています。ぜひ、ハワイのネイバーアイランドにはモクレレ航空をご利用下さい。

モクレレ航空のホームページはこちら(英語)
[PR]
by northamerica | 2009-10-06 17:24 |  ハワイ