ANTOR-JAPANの北米最新記事とアーカイブです。


by northamerica

<   2009年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

f0183153_1642647.gif

f0183153_16432477.gif
ロサンゼルス観光局 ロサンゼルス国際空港


マイケル・ジャクソン関連サイトがオープン
LA中心にマイケルゆかりのスポットを一つに


 日本時間の7月8日未明からマイケル・ジャクソンの追悼式がロサンゼルスのステイプルズ・センターで開催され、その模様は日本でも有料チャンネルで生中継されたほか、インターネットでも同時中継されました。

 ロサンゼルス観光局には、マイケル・ジャクソンの死去に伴い、マイケルゆかりのスポットについての問い合わせが数多く寄せられてました。
 このため、同局はウェブサイトにマイケル・ジャクソンゆかりの地のコンテンツを立ち上げました。
 
 ロサンゼルスの魅力は、世界各国から人が集まり、いろんなカルチャーが混ざり合い、そこからまた新しいカルチャーを生み出すバイタリティ、多様性にあります。今日LAで起こっていることが、明日には世界で起こる、といった情報発信都市です。そんなLAに人は魅力を感じ、人が人を呼び、夢を叶えようとやってくるのです。

 少子高齢化が進む日本もこれからは多くの外国人を受け入れ、いろんな問題を抱えながら、いずれはアメリカ、LAのような国、街、に変貌し、そこからまた新しいカルチャーが生まれていくものと思います。そういった意味でLAは最高のお手本であり、まだまだ多くのことが学べる街です。

※マイケル・ジャクソン関連ウェブサイト
 ・フォーエバー・マイケル(日本語)
 ・Forever Michael(英語)
f0183153_9583069.jpg

[PR]
by northamerica | 2009-07-08 09:58 |  ロサンゼルス
f0183153_12103789.gif

f0183153_12111280.gif
ブリティッシュ・コロンビア州観光局


バンクーバーが「世界でいちばん住みやすい街」に7年連続で選出!

英エコノミスト誌系の調査機関EIU(Economist Intelligence Unit)が毎年実施している「世界でいちばん住みやすい都市」調査で、今年もバンクーバーが第1位に選ばれました。世界の140都市を対象に実施したこの調査は、環境・文化・医療・インフラなどの面から生活条件を分析したもので、バンクーバーは98点という高得点を獲得し、今年も住みやすい街トップとして評価されています。

訪れたほとんどの人に「住んでみたい!」と言わしめる街、バンクーバー。夏のすがすがしい気候に、街中に溢れる緑、ダウンタウンと海岸の近さや、さまざまな国籍が混じり合って共存している文化・・・

バンクーバーの魅力を挙げたらきりがありません。その住みやすさを象徴するかのように、会社が終わってから健康的にランニングやヨガをする人たちや、公園やビーチでゆっくりとそれぞれの時間を過ごすバンクーバーっ子たちを見れば、一目瞭然です。

「住む」ことは叶わなくても、訪れることでもその良さは十分味わえます。さらに2010年は冬季オリンピックの開催地。皆さまもオリンピック開催まで、カウント・ダウンが始まった「世界でいちばん住みやすい街」へ是非お越しください!
f0183153_1220496.jpg
美しい街並みが広がるバンクーバー

[PR]
by northamerica | 2009-07-07 12:18 |  ブリティッシュ・コロンビア州
f0183153_1883291.gif

f0183153_1333086.gif
ニューヨーク市観光局


ニューヨーク・2009年夏のイベント特集

2009年の夏、ニューヨーク市ではさまざまなイベントが開かれます。おもなイベントをご紹介しましょう。

【1】7月4日、自由の女神像の展望台が再開されます。一回の入場は10名と制限され、国立公園局のレンジャーが案内をします。この公開は2年間のみの限定となります。

【2】ニューヨークフィルの無料サマーコンサートが、7月14日〜20日までの期間中、ニューヨーク市内の公園で無料コンサートを開催します。

【3】史上初のルーズベルト・アイランド・フェスティバルとして、さまざまなジャンルのアーティストを招待して、9月5日までフェスティバルが開催されます。

【4】コニー・アイランドに「リングリング・サーカス」がやってきます。ショーの内容は、ピンセンタ・ペイジスと7頭のホワイト・タイガー、モーターサイクル・グローブのユリアス・ファミリー、世界的に有名なロシアのアクロバット集団などが登場します。上演は9月7日までの毎週木曜日から日曜日まで。

【5】メトロポリタンオペラが「サマー・リサイタル・コンサート」(夏の無料コンサート)として、7月13日〜8月14日まで開催されます。オープニングは、セントラル・パークのサマー・ステージで7月13日午後8時からの上演。また、8月29日からはサマー・HD・フェスティバルがリンカーン・センターのメトロポリタンオペラにて9月7日まで上演されます。今年の主な演目は、セヴィリアの理髪師(8月29日)、蝶々夫人(9月7日)などとなります。

イベントに関する詳しい情報は、こちらをご覧下さい。
ニューヨーク情報はこちら(英文)から。
[PR]
by northamerica | 2009-07-06 16:36 |  ニューヨーク

ハワイ・アーカイブス

f0183153_17563878.gif

f0183153_1757034.gif
ハワイ州観光局


オアフ島の老舗ホテルで新ルアウショーの上演が始まりました

オアフ島の老舗ホテル「ザ・ロイヤル・ハワイアン」で、ハワイの伝統舞踊であるルアウ・ショー「アハ・アイナ」が始まりました。

このショーは、食事・メレ(歌)・フラ・物語を通して、神聖な場所であるロイヤル・ハワイアンの土地とハワイ王国の歴史を称え、夕陽に染まる空と海、ダイヤモンド・ヘッドをバックに行われます。

ハワイ伝統のカパ作り(樹皮で作られた布)やポイ作り、ナ・ラワイア(つり道具)などのアクティビティや、レイ、ハワイの海、タロイモなどのハワイ文化の紹介もあり、受け継がれているハワイの伝説や歴史、文化に触れることができます。

▼開催日時:毎週月曜日17:30〜21:00
▼場所:ロイヤル・ハワイアン内オーシャン・ローン
▼観覧料:大人175ドル/子供(5歳〜12歳)75ドル(4歳以下は、大人1名につき、1名無料、別途宿泊者用特別料金有り)
▼お問い合わせ先:セントラル・ダイニング・リザベーション・センター
電話:(808)921-4600/受付時間:毎日9:00〜17:00
▼ホームページ(日本語):http://jp.royal-hawaiian.com/activities/aha_aina.htm
f0183153_16322561.jpg

[PR]
by northamerica | 2009-07-06 16:32 |  ハワイ

グアム・アーカイブス

f0183153_2085261.gif

f0183153_209362.gif
グアム政府観光局


親子で成長する旅のご提案!
『JAL家族キャンペーン/キッズプログラム』開始


『JAL家族キャンペーン 楽園グアム キッズプログラム』は、お子様が主役のキャンペーンです。お子さまが海外旅行を存分に楽しんでいただけるよう、現地で様々な体験型プログラムをご用意しております。

ご両親には、プログラムを楽しむお子さまの姿を通じて、普段、気付かない新しい発見やお子さまの成長を感じるなど、家族で海外旅行に行くことの意義を再確認できる5つのプログラムで楽園グアムをお楽しみください。

▼【キャンペーン期間】
2009年7月1日(水)〜8月31日(月)

▼【お問い合わせ】
JAL家族キャンペーン日本事務局(TEL.03-3345-6557)
営業時間:平日11:00〜19:00(土・日・祝を除く)

詳細、ご予約はこちらをご覧ください。
f0183153_16295233.jpg

[PR]
by northamerica | 2009-07-06 16:30 |  グアム
f0183153_12543951.gif

f0183153_15123923.gif
アルバータ州観光公社


エドモントン郊外で「ツール・ド・アルバータ」が7月開催
キッズコースも新設


カナダ・アルバータ州の代表的な自転車競技の大会「ツール・ド・アルバータ」が、エドモントン郊外のモーリンヴィール(Morinville)で7月26日に開催されます。

エドモントン・自転車ツーリング・クラブ(EBTC)により1994年に創設された大会で、クラブの会員がフランスの伝統的な自転車レース、ツール・ド・フランスの開催を祝って立ち上げたもの。現在は、クラブ会員に関わらず参加が可能となっています。

7月の爽やかな風を受けて、緑豊かな郊外を走り抜ける快感を、あなたも体験してみませんか?

コースは、20km、50km、100km、178km、3kmのキッズライドの各種。
ツール・ド・アルバータの詳細はこちら(英語)をご覧ください。
f0183153_16264797.jpg

[PR]
by northamerica | 2009-07-06 16:27 |  アルバータ州
f0183153_1883291.gif

f0183153_1333086.gif
ニューヨーク市観光局


ニューヨークに新公園「ハイライン」オープン
鉄道の廃線を利用、NYの“空中公園”


ニューヨーク市に新しい公園「ハイライン」がオープンしました。公園はマンハッタンのウエストサイドに高さ30フィートの場所に造られ、この種の公園としては米国初となる公共の公園。長さ800メートルに及ぶ第1区のオープンは、3年以上の建築工事と10年以上かけられました。

テープカットはハイラインの南端にあるアクセスポイントのガンズヴォート・ストリートで、ブルームバーグNY市長をはじめ、ニューヨーク市の政財界の有力者とチェルシーの第11小学校の1年生により行われました。

ハイラインのデザインは、廃線となった高架路線上で自生した野生の景観をそのままにしているのが特徴。産業構造物としての線路はそのまま残し、ハイラインのために特別にあつらえたアールデコ調の柵などが追加されました。

コンクリート製の歩道やベンチなどが自然の植物と混ざり合い、ひとつの景観を作り出しています。公園からニューヨークの街が一望でき、「空中公園」とも呼ばれています。

ハイラインは、ガンズヴォート・ストリートから20丁目までの第1区のオープンに続き、20丁目から30丁目までの第2区を2010年までに完成させ、一般に公開される予定です。
[PR]
by northamerica | 2009-07-06 16:23 |  ニューヨーク
f0183153_1883291.gif

f0183153_1333086.gif
ニューヨーク市観光局


NYのルーズベルト島で「ルーズベルト・ライブ」開催、9月5日まで

ニューヨークにあるルーズベルト・アイランドで初のミュージック&パフォーマンスショー「ルーズベルト・ライブ(Roosevelt LIVE)」が、今年5月23日〜9月5日の期間で開催されます。開催日は毎週土曜日の16時〜18時、ルーズベルト・アイランドのリバーウォーク・コモンズのセントラル・グリーン・ローンにて開催されます。観覧は無料。

同フェスティバルには様々なジャンルのアーティストが招かれます。現在公演を予定しているのは、スティーブン・バーンスタイン(6月27日)、ネーション・ビート(7月18日)、ザ・フランクス(8月1日)、ウェイキー・ウェイキー(8月8日)など。そして、9月5日にはスペシャル・ファイナル・パフォーマンスとしてイーサン・リプトン・オーケストラとグロリア・デラックスが出演する予定です。

ルーズベルト・ライブに参加するには、メトロカードを使って「Fトレイン」でルーズベルト・アイランドへ。リバーウォーク・コモンズのパフォーマンス会場は駅のすぐ近くにあります。
詳細はこちら
[PR]
by northamerica | 2009-07-06 16:19 |  ニューヨーク
f0183153_12103789.gif

f0183153_12111280.gif
ブリティッシュ・コロンビア州観光局


バンクーバーの夏を楽しくするイベントをご紹介

「世界で一番住みやすい街」と言われるバンクーバー。世界中から憧れて移り住む人が多いこの街には、エキサイティングなイベントも目白押し。

とくにこれからの時期は日も長く、夏は夜9時くらいまで明るいので、夕飯後に出かけてみるのはいかがでしょうか? 海に囲まれた街ならではの、すがすがしい夜が満喫できるはず! 今から計画するにはぴったりの、とっておきのイベントをご紹介します。

◆バード オン ザ ビーチ シェイクスピア フェスティバル
(5月28日〜9月26日)
今年で20回目を迎える、シェークスピアの演劇を野外ライブで鑑賞できる恒例イベント。バラード橋脇にある、海に面したバニエ・パークに野外テントが設置されます。テント内は、階段状に客席が設置され、舞台を見おろすようになっていて、どこからでも見やすい作りになっています。

役者のコミカルな歌や動きに、観客は笑いや拍手も遠慮なく、大変盛りあがります。日によって午後の部と夜の部がありますが、とくに夜の部の終盤には、背景にイングリッシュベイの夜景が見え、感動も倍増です。

今年の演目は「オセロ」「終わりよければすべてよし」「間違いの喜劇」など。会場では、ここでしか買うことのできないグッズなどの販売もあり、見逃せません。

期間中、月曜日を除いては基本的に演目があるので、バンクーバーのすがすがしい海風を感じながら、シェークスピアの世界に浸ってみるのはいかがでしょう。
詳しい演目やスケジュールなどの詳細はこちら

◆セレブレイション オブ ライト
(7月22日、25日、29日、8月1日)
イングリッシュベイで行われる毎年恒例の花火フェスティバル。毎年数ヵ国から指折りの花火デザイナーを集め、音楽とともに壮大な花火が夜空を彩ります。今年は開催が危ぶまれていましたが、7月22日・25日・29日・8月1日の4日間に開催が決定しました!

今年はカナダ・南アフリカ・イギリス・中国が競演し、ナンバーワンを競います。日本の花火大会と違うのは、なんといっても音楽付きだということ。優美な音楽に合わせてダイナミックに打ち上げられる花火は、とてもドラマチックで胸が熱くなることでしょう。

この時期は9時過ぎまで明るいバンクーバーなので、開始は夜の10時から。イングリッシュ・ベイ付近ならどこからでも見ることができますが、人気なのはイングリッシュ・ベイ・ビーチ、バニエ・パーク、キツラノ・ビーチの砂浜や芝生から見ること。この4日間にわたって続く「世界規模」の花火大会、一度は訪れてみたいですね!
[PR]
by northamerica | 2009-07-03 12:07 |  ブリティッシュ・コロンビア州