ANTOR-JAPANの北米最新記事とアーカイブです。


by northamerica

<   2009年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

f0183153_1883291.gif

f0183153_1333086.gif
ニューヨーク市観光局


ニューヨーク市の観光情報センターがリニューアルオープン!

ニューヨーク市観光局が運営する新しい観光情報センターが、マンハッタン7番街にオープンしました。この「ニューヨーク市観光情報センター」は2008年7月から一旦閉鎖され、1800万ドルをかけて全面リニューアルされたものです。

情報センター内では、5つの地区をカバーするデジタルマップをはじめ、最新イベントなどの情報を用意するなど、最新テクノロジーを駆使した設備が整っています。また、壁にかけられているマルチ言語のキオスクは、日本語を含む9カ国語に対応し、NY市の交通機関についての情報などが表示されています。

さらに、センター内にあるインタラクティブ・マップ・テーブルでは、観光に必要な各種情報を手に入れることができるほか、施設内にあるインフォメーションセンターでは、メトロカードやNYのアトラクションチケットなどが購入できます。

新しい観光情報センターの登場に合わせ、ニューヨーク市観光局の公式ウェブサイトも一新されました。新しいウェブサイトには、ホテルやレストラン、アトラクション、イベントなどの各種情報をはじめ、市内のカルチャー・イベント・カレンダーも掲載しています。

また、検索サイトのグーグルや、旅行予約エンジンのトラベロシティと提携し、サイトの利便性も大幅に高めています。グーグル・マップを使って市内の観光スポットを事前に調べることができるほか、トラベロシティの機能を使ってホテルや航空券の予約、アトラクションのチケット手配が可能となりました。

NY市観光局のホームページ「NYCGO.COM」には、日本語サイトも用意されています。
詳しくはこちらをご覧ください。
f0183153_14131944.jpg

[PR]
by northamerica | 2009-03-03 17:35 |  ニューヨーク

ハワイ・アーカイブス

f0183153_17563878.gif

f0183153_1757034.gif
ハワイ州観光局


「JALフラ・ウィーク2009 〜Summer〜」の予約受付開始!

昨年夏にスタートした「JALフラ・ウィーク」が、今年の夏は期間を延長して6月20日(土)〜7月31日(金)の42日間にわたって開催されます。

JAL・JALウェイズ便(ハワイ線)をご利用のお客様を対象に、「観る」「触れる」「踊る」の3つをテーマとしてハワイで本物のフラが体験できるプログラムです。

今年もハワイ州観光局の後援により、「ワイキキ・ビーチウォーク・ファウンテンステージ」を会場に、地元のハラウたちにより毎日開催されるフラ・ショー「ホオラウレア」に加え、夏休み期間中(7月19日〜31日)はお子様のフラ発表の場となる「ケイキ・ホオラウレア」も新登場します。

どなたでも自由に参加できるので本場のフラに触れ、ハワイをもっとお楽しみください。イベントの詳細はハワイ州観光局公式ホームページでも案内しています。
こちらをご覧ください。

【JALフラ・ウィーク2009 〜Summer〜実施概要】
▼開催期間:2009年6月20日(土)〜7月31日(金)
▼問い合わせ先:JALHULAWEEK2009 日本事務局
▼URL:http://www.jal.co.jp/hawaii/event/hula_top.html
▼電話:03-3345-1522
[PR]
by northamerica | 2009-03-03 17:35 |  ハワイ
f0183153_12543951.gif

f0183153_15123923.gif
アルバータ州観光公社


バンフ・ゴンドラの山頂でライトアップ・イベント開催

ブリュースター社が運営する「バンフ・ゴンドラ」が4月14日までの毎週火曜日、夜の冬山をホットに演出するナイト・イベント「アルペン・ライツ」を実施しています。360度の山並みが見渡せる標高2281メートルの頂上で、カナダ料理のビュッフェ・ディナーや地元バンドのライブ演奏をはじめ、楽しいゲームやお楽しみが用意されています。眼下にバンフの町並みを眺めながら、ロマンチックなディナーを楽しんでみては?

【アルペン・ライツ(Alpine Lights)実施概要】
▼実施期間:4月14日までの毎週火曜日、18:00〜21:30
▼料金:大人60カナダドル/子供30カナダドル(6〜15歳)※料金にはディナーが含まれます
▼予約方法:オンライン予約または電話(800-760-6934)にて受け付け。そのほか、市内の主要ホテル、バンフとキャンモアのアクティビティ・センターからも予約可能。オンライン予約はこちらから
▼スケジュール:18:00〜19:30 パーティー&ライブ演奏
        19:30〜20:30 ビュッフェ・ディナー
        20:30〜21:15 ライブ演奏
        21:30 バンフ・ゴンドラ頂上駅からの最終便出発

f0183153_17321284.jpg
※写真=眼下にはバンフの夜景が一望
[PR]
by northamerica | 2009-03-03 17:32 |  アルバータ州
f0183153_12543951.gif

f0183153_15123923.gif
アルバータ州観光公社


VIA鉄道のスノートレインが今冬も運行
週末はジャスパーのリゾートでスキー三昧!


カナダ・VIA鉄道の冬季リゾート列車「Snow Train to Jasper」が、今冬もエドモントン〜ジャスパー間で運行されます。車体の側面全体がガラス張りの「パノラマカー」では、夕暮れ時に眺める白銀の車窓も楽しみのひとつ。温かい飲み物やスナック、軽食なども用意していますので、車内でゆったりと足を伸ばして、6時間の旅をお寛ぎいただけます。

【スノートレインの運行スケジュール】
▼運行日=2009年2月6日〜4月12日
▼スケジュール=エドモントン金曜16:00発→ジャスパー22:00着/ジャスパー日曜16:30発→エドモントン22:30着
▼料金=大人(18〜59歳)109カナダドル/子供(2〜11歳)55カナダドル
※他にもシニア、ユース、学生料金の設定あり。
詳細およびウェブからの予約はこちら(英語)から。
f0183153_17292056.jpg

[PR]
by northamerica | 2009-03-03 17:29 |  アルバータ州

ハワイ・アーカイブス

f0183153_17563878.gif

f0183153_1757034.gif
ハワイ州観光局


ハワイ州誕生50周年で2つの「マハロ キャンペーン」実施中

ハワイ州観光局では、2009年にハワイ州誕生50周年を記念して、「マハロ キャンペーン」と題して2つの特別なチャンスを用意しました。

▼マハロキャンペーン1 〜ハワイを、2度楽しもう!〜

ハワイ州誕生50周年を記念して、2009年1月1日(木)〜2009年5月31日(日)の期間中に利用した往復分の搭乗券(乗船券)の半券を送付すると、ハワイを訪れていただいた方の中から、抽選で合計50名様にハワイ往復航空券とハワイ州観光局オリジナルグッズセットをプレゼントいたします。
ハワイに旅すると“もう一度ハワイに行ける”チャンス!。ぜひご応募ください。

▼マハロキャンペーン2 〜「ハワイに行こう」で、もれなく!〜

ハワイの楽しみ方を知っている協賛旅行会社が、50周年を記念して特別料金のツアーを用意しました。2009年4月1日〜5月31日の期間中、キャンペーン対象ツアーでハワイ旅行に出発される方には、素敵なプレゼントが当たる『マハロ・スクラッチ』をもれなく差し上げます。キャンペーン対象ツアーには、他にもさまざまな特典が用意されています。

詳しいキャンペーン内容はこちらをご覧ください。
[PR]
by northamerica | 2009-03-03 14:36 |  ハワイ
f0183153_1883291.gif

f0183153_189252.gif
ニューヨーク市観光局


ニューヨークは今年オランダとの関係400周年

2009年はオランダの船「ハーフムーン号」に乗船したヘンリー・ハドソンが、ニューヨーク港に到着してから400年の記念すべき年を迎えます。ニューヨーク市では、400年前のオランダからのルーツを祝い、9月13日を「ハーバー・デイ」とすることを決定しました。また、今年1年は『NYC400(NY市400周年)』として、オランダとの関係を記念する行事や式典が市内各所で行われます。

NY市のブルームバーグ市長は、「400周年のイベントは多くの人々のニューヨーク市を訪れる動機となるでしょう。ツーリズムはこのリセッション(景気後退)の中で、地場経済を支える産業のひとつであり、我々はツーリズムを促進していくためにさらに努力をしていきます」と話しています。

NYC400のハイライトとなるのは、オランダ人建築家のベン・ファン・ベルケルによって設計された「ニュー・アムステルダム・プレイン・アンド・パビリオン」です。オランダ政府からの贈り物として、そしてアメリカとオランダ両国の友好を示すシンボルとして、2009年末の予定でバッテリー地区に建設されます。

9月13日のハーバー・デイには、数々のイベントやアクティビティーが開催され、無料のレンタルバイクやフェリーも登場する予定です。ハーバー・デイは今後、年1回の恒例イベントとなります。

そのほか、NYのメトロポリタン美術館では、200作品以上のオランダ人画家による絵画を展示するほか、レンブラントやヴァン・ゴッホ、フェルメールなど人気画家の作品も展示されます。

NYC400に関するイベント日程などは、こちら(英語)をご覧ください。
[PR]
by northamerica | 2009-03-03 14:33 |  ニューヨーク
f0183153_1642647.gif

f0183153_16432477.gif
ロサンゼルス観光局 ロサンゼルス国際空港


今春、ロサンゼルスがスポーツの舞台に
WBC大会、フィギュア選手権に世界が注目


ロサンゼルスが今年、最も注目される2つの世界スポーツ大会の開催地に選ばれました。日本でも話題となっている「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)の準決勝と決勝戦が開かれるほか、日本人選手の活躍も期待されている「世界フィギュアスケート選手権」がLAで開かれます。また、今年で24回目の開催を迎える「ロサンゼルス・マラソン」など、スポーツイベントが続々と開かれます。

◆ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)

歴史あるドジャー・スタジアムでは、3月21日〜23日に2009年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝と決勝戦が開催されます。MLBのボブ・デュピュイ会長は、「これまでにも数多くの重要な大会を開催してきたドジャー・スタジアムは、2009年WBCの会場として最適の球場です。ロサンゼルスは世界でも有数の国際都市であり、また、LAドジャースは、野球を世界的なスポーツにするための中心的な役割を担ってきました」と語っています。

ワールド・ベースボール・クラシック・インク(WBCI)が主催するこの大会は、3月5日から東京で始まり、3月23日にドジャー・スタジアムで終了します。試合は5カ国で行われ、世界各国から16チームが参加、世界のトップレベルの選手が480名出場します。詳細についてはこちらをご覧ください。

◆世界フィギュアスケート選手権

2009年3月22日〜29日、世界フィギュアスケート選手権がLAダウンタウンのステイプルズ・センターで開催されます。国際スケート連盟(ICU)主催によるこの大会には、世界50ヵ国以上から約200名の選手が参加すると予想されています。この大会は、2010年にカナダのバンクーバーで開催される冬季オリンピックの出場枠にかかわる重要な大会となるため、世界中の注目を集めています。

カリフォルニア州で世界フィギュア選手権が開催されるのは、1992年にオークランドで開催されて以来のことです。ステイプルズ・センターでは、2002年にロサンゼルスで行われた全米フィギュアスケート選手権の際の、12万5千人の観客動員数の記録を塗り替えるものと期待されています。
詳細についてはこちらをご覧ください。

◆第24回 ロサンゼルス・マラソン

アメリカ西海岸最大の国際マラソン・イベントであるロサンゼルス・マラソンが、アメリカの祝日で3連休となる、2009年5月25日に開催されます。この大会には、世界80ヵ国以上からフルマラソンに2万3000人(車椅子マラソン、バイクツアー、5kmランの参加者を含めると約4万人)、日本からも約100名のランナーが参加すると見込まれています。

ロサンゼルス・マラソンの特徴は「ランナーとコミュニティが共に参加する大会」で、人数制限もなく、誰でも参加できることです。コースの途中には、1マイルごとに給水ステーション、エイド・ステーション、時計が備えてあり、ランナーにとって非常に走りやすくなっているほか、1000名以上のチアリーダーや50以上のミュージック・バンド、100万人の沿道の観衆が、ランナーに盛大な応援を送ってくれます。

毎年、走り終わったランナーから「途中の応援に勇気づけられ、完走できた」とのコメントが数多く寄せられます。

競技はフルマラソン、バイクツアー(自転車)、車椅子によるレースなどがあり、オンラインから申し込みができます。LAマラソンの詳細は、ロサンゼルス観光局の日本語版ホームページにも掲載しています。詳しくはこちらをご覧ください。
[PR]
by northamerica | 2009-03-03 14:30 |  ロサンゼルス

ハワイ・アーカイブス

f0183153_17563878.gif

f0183153_1757034.gif
ハワイ州観光局


カラパナ溶岩見学エリアのオープン時間が変更
ビッグ・アイランド(ハワイ島)


ビッグ・アイランド(ハワイ島)でキラウエア火山から海へ流れ込む溶岩を見学できる「カラパナ溶岩見学エリア」のオープン時間が、2009年2月1日から変更になりました。変更後のオープン時間は17:00〜22:00(変更前は14:00〜22:00)です。日が暮れる夕方以降の時間帯は、赤く光る溶岩が見えやすいため、これまでも見学者の人気を集めていました。

2008年3月8日にオープンし、ハワイ郡の管理下において一般に無料開放されているこの見学エリアは、2008年12月までに24万1806人もの入場者を記録しています。

キラウエア火山を有するハワイ火山国立公園は、1987年にユネスコ世界遺産に登録されました。キラウエア火山では、2008年3月以降にハレマウマウ火口で爆発噴火が起こって以来、今も活発な火山活動が続いています。現在カラパナは、海へ流れ込む溶岩がよく見られるエリアとなっています。
(火山活動状況は日々変化いたしますので、訪問の際は最新情報を確認してください)

《参考》ハワイ50選No.37:ハワイ火山国立公園

【カラパナ溶岩見学エリア】
KalapanaLavaViewingSite(ヒロからハイウェイ130号を南下し、終点。駐車場より徒歩)
毎日17:00〜22:00(駐車場への入場は20:00まで)
入場無料、仮設トイレあり

※天候や火山活動の影響で、急遽クローズとなる場合があります。
※安全に見学いただくため、エリア内標識の指示に必ず従って下さい。
※ハイキングの際は、2〜3リットルの飲料水、日焼け止めを持参し、靴下、スニーカーまたはトレッキングシューズ、長ズボン、帽子を着用しましょう。夜間は懐中電灯を忘れずに。
※見学エリアでは携帯電話は通じません。
※私有地を通過しますので、住民に迷惑を掛けないようにしましょう。
f0183153_14242333.jpg

※画像=(c) HTA/Kiri Lee Aeder
[PR]
by northamerica | 2009-03-03 14:24 |  ハワイ

ハワイ・アーカイブス

f0183153_17563878.gif

f0183153_1757034.gif
ハワイ州観光局


2009年は「ハワイ州誕生50周年」
プロが選んだハワイ50選もスタート!


2009年はハワイが米国第50番目の州となって50周年を迎えます。ハワイ州観光局では、年間を通して「ハワイ州誕生50周年」をキーワードにした各種キャンペーンを実施して参ります。また、「人生の中のハワイ。My Anniversary Hawai'i」というテーマでもプロモーションを実施します。「祝福の二人旅」「はじめての家族旅」「くつろぎの大人旅」の3つをテーマとして、ハワイが皆様の人生と共にありますように、という思いを込めました。

さらに、旅行者がハワイで特別な時間を過ごしていただけるよう、ハワイの観光に携わるプロ達がセレクトした「ハワイ50選」の紹介も開始しました。息をのむ大自然や豊かな歴史文化など、ハワイだから出逢える感動の体験を見つけてください。

また、ハワイ州誕生50周年を記念した「マハロ キャンペーン」も開始しました。今年1月1日〜5月31日までの期間中、日本からハワイ行きの対象航空会社の利用者を対象に、毎月10名・計50名に年内有効のハワイ往復航空券などをプレゼントします。

キャンペーン内容や記念イベント等の詳細はこちらをご覧ください。
f0183153_14255774.jpg

[PR]
by northamerica | 2009-03-03 14:18 |  ハワイ